本文へ移動

沿革

沿革

昭和43年
丸栄産業株式会社より化工部門を独立し、丸栄化工株式会社を設立FRP、ライニング及び特殊塗装を主に施工する
昭和47年
新日本製鐵㈱八幡で耐食FRPダクトを製作据付し、その後各種ダクトカバー類を手がける
昭和48年
ライニング及びサンドブラスト等を若松工場新設と共に移設し、石原町工場をFRP専業とする
昭和49年
新日本製鐵㈱八幡で耐食機器及び排ガス排液処理総合プラントを、設計、製作、据付を行う
昭和51年
新日本製鐵㈱広畑で水砕処理排気筒(煙道)を設計施工する
昭和52年
製品の大型化、技術の多様化に対処して大型新工場を完成。耐食FRPの技術研鑽につとめる
昭和53年
FRP製品に依る特許申請等を行い技術蓄積に努める
昭和55年
新幹線車両用部品等の精密な製作技術を要求されるものに挑戦、製作技術の向上に努める
昭和56年
プラント輸出の第一次出荷。ソフトからハードまで一貫したエンジニアリング体制の確立
昭和57年
九州電力(株)においてFRP化による用途開発が伸展する
昭和58年
Mann型ホルダー漏油防止工法、その他シール工法の確立
昭和59年
技術開発部による商品開発、工法開発、設計開発等に取り組む
昭和60年
表面処理ライン関係のエンジニアリング~ハード~メンテナンス迄の一貫体制の確立
昭和61年
成型機導入による品質管理、省力化推進(FW成形機:25A~600A)
昭和62年
FW管-MKハイケミパイプ販売開始。
平成元年
水島出張所を開設
平成3年
大径管FWのフル稼働に伴い、大型工場を増設、及び敷地拡大。
平成14年
ISO 9001認証取得。 FW管フルラインアップ化(FW機増設)
平成18年
京浜出張所を開設
平成19年
中国協力企業と合作で大径構造物スクラバーの生産開始
平成21年
小郡工場を新設
平成24年
ベトナムホーチミン駐在員事務所設立
平成27年
千葉出張所を開設
平成28年
ベトナムホーチミン駐在員事務所閉鎖
平成28年
丸栄エンジ有限会社(ベトナム)設立
丸栄化工株式会社
〒803-0186
福岡県北九州市小倉南区大字新道寺910
TEL 093-451-0538
FAX 093-451-0583
TOPへ戻る